ミニ四駆職人の職人気質

ボケ防止のためにミニ四駆やってます。老眼がツラいです。

走らせてみると分かった気になる|結局よく分からない

といった具合で、一先ず完成したマシンの試走をしてきた。

この前購入したローフリクションローハイトタイヤ(長い)を試す時が来た。あと、バンパーカットして初走行。レーンチェンジが入るか心配。

f:id:nabeland:20190905115351p:plain

前後ローフリクションローハイトタイヤ(長い)にしてあるけど、はじめはリヤにノーマル(?)タイヤを履かせて試走。次にこのローフリクションローハイトタイヤ(長い)を履かせて試走。感想は、よく分からない。前後にローフリクションローハイトタイヤ(長い)にしたら、滑って加速しないんじゃないかと思ったけど、そうでもなかった。ただ、ローフリクションローハイトタイヤ(長い)だと、ブレーキを弱くしてもジャンプの飛距離が出ずにウマいこと入った。気がする。

それから、バンパーカット後の初走行ということで、心配だったのはローラーの高さ。これでいいのか分からないけど、コースアウトはしなかった。

でも、例の富士通の電池を使ったのにもかかわらず、なんかスピードが出てないような気がした。原因は、おそらくスラストを入れ過ぎたからかなと思う。また、スラストプレートを作ろう。今度は、角度の浅いスラストプレートを作ってスピードが出るかを試したい。もっとスピードが欲しい。終わり。

 

 
ミニ四駆ランキング

ボディ提灯のパカパカをリフターでパカパカ

といった具合で、ボディ提灯を作った(FRPで)。そして、リフターも付けた(ポリカの端材で)。

f:id:nabeland:20190901002654p:plain

MAシャーシといえば、高剛性シャーシで有名。剛性が高いということは、コーナーリングスピードが高いのが利点。そして、欠点は着地で跳ねるということ。そこで、制振性が高いと言われるボディ提灯を作った。しかし、ずっと引っ掛かっていたのが、『リフター』。そんなに意味ないんじゃないかと。パカり易くしてジャンプ中にパカることで、ジャンプ中の姿勢を整えるってんだったら分かる。しかし、制振性には関係ないんじゃないかと。

しかし、或るとき急にはっちゃけた。リフターの大きな役割が分かった。今までは、マシンが着地したら車体が跳ね上がろうとする力をボディ提灯が引き受けてパカる。パカったボディ提灯は落ちてくる。じゃあ、落ちてきたボディ提灯の衝撃は誰が引き受けてくれんのか!?ってこと。そこで、リフターがフワッフワッすることで、衝撃を吸収しているんじゃないかと。あくまで自分の推測だけど、合ってる気がする。そうなると、いろいろ腑に落ちる。マスダンパーもただ付けるんじゃなく、下にリフターのようなバネが付いてないと、100%の力を発揮しないんじゃないかと思う。

そう思ったら、リフター付きのボディ提灯って、完璧な制振性を持ったギミックだと思う。今まではボディがパカパカするのはカッコ悪いと思っていたけど、そう考えると、とても美しいギミックに見えてきた。リフター考えた人、天才。マジ神。

 


ミニ四駆ランキング

ローラーの高さで速くする

といった具合で、マシンがとりあえず完成した。

f:id:nabeland:20190819143139p:plain

ついにボディ提灯を作ってしまった。これでいいのか分からない。そして、お金が無いのでFRPを2枚重ね。本当は瞬間接着剤で張り合わせたいのだけれど、取り寄せになってしまったので時間がかかる。それにしても、ボディ提灯はパカパカするのがカッコ悪いので、付けたくはなかったんだけど、ジャンプが安定すると聞いちゃあ、やらないわけにはいかない。最初は着地で跳ねないようにするためだけに付いてると思ったけど、ジャンプするときにパカパカすることで、ジャンプ中の姿勢が安定するらしい。実際にそんな動画も観た。だから付けた。理屈は分からない。

 

それと、問題はローラーの高さだ。ローラーは高い位置にあるとアウト側が持ち上がろうとして、イン側のタイヤに荷重がかかる。するとイン側に入ろうとするからコーナーリングスピードが上がるらしい。

ローラーが低い位置にあると、アウト側のタイヤに荷重がかかり、アウト側に向かおうとするからコーナーリングスピードは上がらないらしい。ネット上の何かで読んだ。

安定した走りを望むなら低い位置。しかし、スピードが欲しいから高い位置に付けたい。どこでバランスを取ればいいのか。。。

そして、私のマシンのローラーの位置は。

f:id:nabeland:20190819144800p:plain

バンパーをカットしてしまったので、ローラーの位置はちょいと低い。でも、レーンチェンジ対策として、2段ローラーの13㎜を上に持ってきてるので、高い位置にあることになる。フロント右のローラーは13㎜を下に持ってきてるので、低いのか!?でも、タイヤの中心より上にあるから高いのか!?

結局のところ、走らせてみないと分からない。終わり。

 


ミニ四駆ランキング

 

ガチガチに硬いシャーシとノーギミックを作る!?

といった具合で、以前、GPマシンとミニ四駆の共通点という話で、硬すぎてもダメだし、柔らかすぎてもダメという話をした。

GPマシンは路面が荒れてたり、ゼブラゾーンに乗ったりナンヤリでギャップを拾うことが多い。あとは、バンク中にアクセルを開けたときのパワーの加わり方?その他諸々(よく分からない)でシャーシにある程度の柔らかさが求められるのだと思う。

一方、ミニ四駆はというと、コース上にギャップはほぼ無い。コースの継ぎ目とかはあるらしいけど。だから、ガチガチに硬いシャーシが速いと思う。スラダンとかATバンパーとか(あとナンダ?)は、安定した走りには貢献するけど、ギミックが動くということは、ロスに繋がると思う。だから、ノーギミックを作る!

f:id:nabeland:20190807131544p:plain

ノーギミックだから、作らないのか!?とりあえず、バンパーレス。そして、リヤにブレーキを貼るところを付けた。あと、引っ掛かり防止ステー。フロントにブレーキを貼るところが無い。3㎜カーボンを加工して付けたいけど、先立つものが無いので、いずれ付ける。あとは、ヒクオを付けたいけど、先立つものが無いので、いずれ付ける。ヒクオはギミックだけど、走りに直接関係無さそうなので作る。あとは、ローラーの位置が今のままでいいのか実際に走らせてみないと分からない。けど、ローラーの位置を変えるとなると、いろいろ大変そうなので、今のままで何とかするしかない。そもそもローラーベースがこれでいいのか分からない。それから、タイヤとローラーの距離が心配。でも、いろいろ切っちゃったので、これで進むしかない。

そんな感じで、方向性は見えてきたので、あとは先立つものが入れば進みそう。

 


ミニ四駆ランキング

ローフリクションローハイトタイヤ(長い)は別物

といった具合で、ローフリクションローハイトタイヤ(長い)が再販された。ので、発売日に早速購入。

f:id:nabeland:20190728001213p:plain

昼に近所のジョーシンで買ったけど、夜にはすでに売り切れていた。

 

ローフリクションローハイトタイヤ(長い)が、なぜ、そんなに人気なのか。ミニ四駆をはじめた数か月前には分からなかった。オートバイレースの世界ではタイヤをいかにグリップさせるかが大切なのに、グリップしないタイヤが必要な訳無いと。しかし、今なら分かる。

ミニ四駆は真っ直ぐにしか走らない。コースの壁に沿って走るしかない。コーナーを曲がるときにはタイヤのグリップが邪魔になる。だから、フロントにローフリクションローハイトタイヤ(長い)を履かせることでマシンの回頭性が向上する。また、リヤにローフリクションローハイトタイヤ(長い)を履かせることで、ジャンプを飛び過ぎないようにすることができる。フロント、リヤ両方にローフリクションローハイトタイヤ(長い)を履かせると、どうなるか。知らない。分からない。

でも、今回のローフリクションローハイトタイヤ(長い)は、前に販売されたものと比べると、なんかいいらしい。或る人は全くの別物と言っていた(ユーチューバー)。重さや径が微妙に違うらしいけど、一番の違いはバリが無い。ツルツル。ぺラタイヤを作る人にとっては関係無いんだろうけど、タイヤ加工できない私にとってはありがたい。そのまま使える。今回のローフリクションローハイトタイヤ(長い)を買えてよかったー。もっと買っとけばよかった。でも、一人一個って書いてあった。アマゾンで買おうとしたら。。。

倍以上の値段になってた。買えない。 でも、まだ良心的な値段なのかな。またローフリクションローハイトタイヤ(長い)が再販されたら買うしかないな。

 


ミニ四駆ランキング

  

買い物は余裕をもって

といった具合で、カーボンマルチワイドリヤステーがアマゾンでなら1,058円(送料別)で買える。2個買えば2,000円以上になるので送料無料になる。

いろいろ使いどころがあるパーツのようなので2個買ってもいいと思う。が、しかし、今月はお小遣いをセーブしようと思っていたので、2,000円も使わない。ほかにも必要なパーツがあるし。そこで、近所のジョーシンで売ってないか偵察に行く。あれば即購入。が、しかし、無い。ナッシング。それに代わって、限定のカーボンマルチワイドステーが置いてあった。 

普通のマルチワイドステーと形が微妙に違う。使えるか分からない。5分ほど悩む。閉店時間が迫る。「別れのワルツ」が店内に流れ始める。もうこの状況は買うしかない。

買っちまった。

試しにマシンに付けてみた。

f:id:nabeland:20190715002852p:plain

イカす。

でもなんか穴が多い。強度的に大丈夫なのか!?ま、ダメでもしょうがない。買っちまったんだから。

 

教訓

 買い物は時間に余裕をもって。

 


ミニ四駆ランキング

 

ローラーベースとジャンプで吹っ飛ぶ時とコーナー最速の関係性

といった具合で、前回、フロントとリヤのどっちをグリップさせるかで、コーナーをどうクリアしていくのかを考えた。

しかし、もっと重要なのがローラーベースだった。

まず、ローラーベースという言葉がすでにあることを知った。車やバイクではホイールベースという言葉あり、フロントタイヤとリヤタイヤの距離のことをいう。一般的にホイールベースが長くなると直進安定性が良くなるが、小回りが効かなくなると云われていて、ホイールベースが短くなると、その逆の現象が起こると云われている。

ミニ四駆のローラーベースではどうなるのか。

ローラーベースが長くなると、コーナーでは遅くなるがジャンプは安定する。ローラーベースが短くなると、コーナーは速くなるがジャンプが安定しなくなる。誰かの動画を観たので間違いない。どこでバランスさせるのかが重要になる。

ジャンプが安定しなくて吹っ飛ぶってときは、ローラーベースが短い可能性がある。コーナーが遅いと感じたときはローラーベースが長い可能性がある。違う可能性もある。

それから、タイヤとローラーの関係も大事だ。タイヤとローラーの距離が近いほど、よく曲がろうとするがタイヤに対する抵抗が増し、遅くなる。タイヤとローラーの距離が遠いほど、その逆になる。

どうすればいいのか、答えは見つからない。終わり。

 


ミニ四駆ランキング

 

 

最近、3レーン用として、13㎜のローラーが気になる。 もっと小さいほうが良く曲がるのかな!?